川上ひかり ストーリーブック4 〜セミナープロデューサーとして〜

3章 資格を取りたい・勉強熱心な女性たち

 

輝きたい女性はこんなにもたくさんいる!セミナー活動を広げた2014

 

講座・セミナーの招致に一段と力を入れたのが翌2014年のこと。不思議なもので、講師の方からは「札幌でセミナーを開きたい」との声がかかり、受講希望者からも「こんなセミナーを主催してほしい」と声をかけてもらう機会も増えました。

 

例えば、東京で活動している講師を札幌に招聘すれば、札幌の人は東京まで行かずとも情報を得ることができます。講師との調整や集客など、橋渡しをする上ではいろいろな努力が必要でしたが、新しい発想や取り組みへのアイディアは自然と湧いてきました。自分自身の幅を広げるためにも、やると決めて行動した結果かも知れません。

 

代替医療、食品の知識、エステ、アロマ、どのような内容であっても、首都圏に比べると学ぶ場が少ない北海道・札幌という地域。ならば私が場をつなぐきっかけになればいい。集まってくれる方々が「また開催してほしい!」と言ってくれる。そんな声が原動力となっていました。

 

主催、サポートを含めて20以上のセミナー・講座運営に関わりました。ジャンルは女性の支援を軸足において、幅広く開催。アロマ、代替療法、心理学、免疫学、食品、美容、ヨガ、ボディメイクのほか、女性向けビジネス講座等々多岐にわたります。セミナー、講座には起業している方、または起業準備中の方、育児中のママなど1年間で800人以上を集客しました。

 

最初は自分のためだった「サロンの外での活動」。次第に教える立場に

アロマセラピストの時から変わらないわたしの軸は「女性が笑顔で幸せに生きる」ための知識と体験の共有です。過去に自分に自信が持てなくなり、周りに頼ることをせずに自分を責め切ったあげく、心が壊れる体験をしたからこそ、家庭の外に頼れず悩む女性たちの気持ちの裏も表もわかります。つい頑張りすぎてしまう女性たちがHappyで笑顔になれる、それを引き出すきっかけを作っていきたいと思うようになりました。

 

自分のサロン・スクールの集客に役立てようと始めたビジネスの勉強、セミナー主催でしたが、次第に求められ方が変わりました。

 

当初はアロマセラピストやエステティシャンとしての自然療法や免疫学など、専門職ならではのテーマが多かったのですが、セミナー主催を続けている私の姿を見て、起業している・これから予定がある・いつかしたいと考えている女性たちから「私も講師をしたい。セミナー主催をしたい。やりかたを教えてほしい」「起業したいけれど何から始めたらいいかわからない」と、質問を受ける機会が徐々に増えていきました。

 

寄せられる質問に答える、というシンプルなやりとりが、自然発生的に起業支援事業につながっていったのです。

 

資格を取ってサロンオーナーに!その前にすべきこと

集客できるセラピスト・サロンやスクールのオーナーになれるかどうかは、いかにお客様の立場に立てるかにかかっているとも言えます。「お客様の悩み」を知ろうとせず、資格を取りたい、起業したい、では、売れ続けることは難しい。資格を取った「その先」をどうするかまでは教わっていない人たちが、今はあまりに多いのです。

 

女性たちは自信をつけるために「情報」を探している

「知識がない、やりかたがわからないから起業できない」彼女たちは背中を押してもらえる場所を探しているんだ、というニーズにも気が付きました。

 

何かを始めるときネットや本でやり方を探したり、商工会議所などの公的なサービスを利用しようと思う方は多いでしょう。そのような場所には一般的な情報はとれますが、それが本当に今の自分に必要かどうかまでは教えてくれません。情報は自分で取捨選択していく必要があります。

 

情報はたくさん持っているものの、いまいち満足感を得られず「情報迷子」になっている方が多いことも知りました。かつては私もそうでしたから、心情もよくわかります。そんな女性たちが一歩踏み出すために必要なきっかけづくりに役立つ講座やセミナーを多数仕立てて実施しました。この頃から、「人育て」を次第に強く意識するようになりました。

 

第四章「起業支援・人材育成を主軸に」

ご挨拶・目次へ

公開日:
最終更新日:2016/11/14