プロフィール

川上ひかり

1973年2月26日、下弦の月の頃、東京・新宿区にて誕生。

うお座(月星座はいて座)A型。

18年間東京都で暮らし、4年間の大学生活は北海道で過ごす。

社会福祉を学び、卒業後は東京の一般企業で
ソーシャルワーカーとして介護ヘルパーの派遣事業に携わる。

全国のPARCOやSC等にテナントを出すシルバージュエリーとヘア小物のショップマネージャとして、東京都、神奈川県内の2店舗を任される。接客のほか人事管理、商品管理からデベロッパー、卸業者との渉外担当までを3年にわたり経験。

結婚、出産を経て、
長男1歳の頃に訪問販売化粧品の代理店をはじめたのが
現在の仕事につながる直接のきっかけとなる。

子育てとお仕事は自分のペースで両立することが可能だと知ったのはこの頃。

スキンケアを一から勉強しようと肌の仕組み、化粧品の原材料を独学で習得。
敏感肌やアトピー性皮膚炎などアレルギー疾患と、肌につけるもの触れるものの関係が見えるようになると、自宅のキッチンや洗面所のものを総取り替えし、検証するように。

もっと身体の仕組みやこころのこと、
そして食やコスメなどの外側から入ってくるものについての探究心が止められず、
プロアロマセラピスト養成スクールに入門。

アロマセラピーと解剖学、免疫学、美容皮膚科学を学ぶことで、
点と点が線でつながり、それが面となる
いわゆる「ホリスティック」な物事の見方を体得したことはとても大きく、
からだの仕組み以外のすべての物事の捉え方にも役に立っています。

 

アロマセラピストのディプロマ(免状)をいただき、2006年に自宅の一室でアロマとエステのサロンを開業しました。

夜遅くまでの勤務体制のアロマサロンに勤めに出るのは難しく、
少ない資本で回していくには自宅サロンという選択肢しかなかった、というのが実情です。

経営も初めて、施術の経験もゼロに等しい。

今思うと随分思い切ったことしたと驚くが
試行錯誤しながらも2年で店舗サロンに移転。
妊産婦ケアにも注力し、ママサークルの運営、産婦人科でのリラクゼーションルームの立ち上げと精力的に活動をする。

その後第三子の出産を機に一旦サロンを閉め、
育児とホリスティックケア、免疫学の学びに専念。

2012年に横浜から札幌に移住。
メディカルアロマと免疫学の講座を提供する「自然療法スクールWacca」を立ち上げました。
東洋医学の専門家や、医療従事者、スポーツトレーナーたちと横の連携を持ちながら、多角的に健康と美容に取り組むカリキュラムを提供しています。

2016年現在は、スクール運営のほか、セラピストや講師など、個人で活動する方々のブランディングや集客のコンサルティングにも力を入れています。

女性の笑顔は家庭を、そして社会をもっと明るくすると信じ、今日も家族のご飯を炊き、講義で喋り、個人相談で背中をそっと押してきます。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

川上ひかりの10年間をストーリーブックにまとめました。(2016/11/14追記)

 

川上ひかり

公開日:
最終更新日:2016/11/13