ダメじゃないってば。

      2015/12/01

トンネル 自己肯定

「わたしなんて全然ダメだから」

「まだまだなんです」

と、お願いですから言わないでください。

 

包み込むやさしさというか
やわらかさ
おんなの人は、デフォルトで備わっています。

それを見ないで、私なんてというのは本当に失礼だと思うよ。

それを認めたくない人もいるかもしれない。

かっこいいオンナでいたい。
とか、

男の人に負けないパワーを持ちたい。
とか。
そういう

「爽やか」で「潔く」、
「ハンサム」な「リーダーシップ」に溢れるひとって

実はものすごく女性らしい「柔らかさ」と「しなやかさ」を持っている。

そこが最大限に発揮されたときに

周りから見ると、ハンサムウーマンというイメージが表面化するのだろう。

 

私の周りには、ハンサムウーマンがたくさんいます。

彼女たちは、決して「私なんて」とは言いません。

自分にできることはなんだろう?

自分がしたいことはなんだろう?

たぶん、そればっかり考えているんだろうと思います。

だからかっこいいんですよ。

 
己を認めることに慣れていないならば、ただ淡々と慣れていくしかない。

ときに痛みを伴うし、逃げ出したくもなるけれど

そこで少しだけふんばってみようよ。

大丈夫、トンネルの先は明るい。

 

トンネル 自己肯定

 - column