正しさの強要

   

image

なんで分かってくれないの?

どうして(こんな簡単なことが)できないの?

という攻めの質問もあれば

こうしたほうがいいよ。

あなたのやり方じゃだめね。

という、斬殺まで。

すべて

「わたしの正しさを認めてちょうだい」

というお願いに変えてみてはいかがだろうか?

遠回しに主張するよりも
すぱっとストレートに言われたほうが相手には伝わると思うのです。

自分が信じているものを、世の中の人全員が信じるべき。
なんでそれがわからないんだろう???アホなのか?

と、若かりし頃思っていました。

ごめんなさい。

当時雇われていた社長にまで、この思考で噛み付いてました。

それでも、社長は笑っていて
よりムカつきました。

そのムカつきが原動力となり、うちの店、全国でトップの成績おさめてやるぞ!!(だってわたし正しいもん)というモチベーションで、リゲインとゼナを買いにドラッグストアに走りました。

そんな青い時代もあったなぁ…

今じゃあ
「ひとはひと。自分は自分。みんな違う方向にアンテナが向いてるだけ」とか言ってます。

自分ってなんとちっぽけな存在で、他人に助けられて過ごしているんだということに気付くことができたから。

正しいVS間違い

とか

善VS悪

というふうに

刹那的に
鋭角で
表面を見るのが、

とてつもなくもったいないことだと、なんとなくわかりかけてきた。

陰と陽

右と左

こころとからだ

上と下

柔と剛

すべてバランスの問題。

偏りは何も産まない。

なにごともほどほどに♡

image


コラムをあなたのメールボックスに配達します

*メールアドレス
*お名前(姓・名)
都道府県

 - column