きらきらの原石

      2015/11/18

セルフブランディング 原石

正解不正解という尺度で物事を見ていると
辛くなることが、しばしばあります。

 

今日は漢字のお話です。

「辛い」という字の上に

「十」をつけると
「幸せ」になる、

というのはどこかで聞いたことがあるひとも多いと思います。
漢字ってすごい。

 

10回転んだら、キラキラ光る石をひろったよ!って感じ。
傷だらけで泥だらけで、
宝石の原石がキラッと光るのを見つける。

痛みを知って、はじめて得るものがある。
己の至らなさ、未熟さをとことん思い知って
次のステージに向かう。
わざわざ痛い思いをしなくてもいいのにねえ。

でも、痛みの後に訪れるものを体感していくうちに、痛い思いも悪くないと思えるようになりました。
単純に感覚が麻痺しているだけかもしれないけど(汗

流れに抗わない。と決めるのも自分だし

あえて今は流れを無視してみようと決めるのも自分。

人生、七転び八起きどころか、十転び一起きぐらいかも。

いっぱい転んだから、その「一」がとてつもなく魅力的なものになりえる。

 

 


コラムをあなたのメールボックスに配達します

*メールアドレス
*お名前(姓・名)
都道府県

 - column