好奇心がひとの可能性のカギ

      2015/11/18

キーポイント

起業や資格取得のお勉強をしていたり、習い事をしているあなたへ。
脳の仕組みから、自分の可能性をもっと高めるコツをお伝えします。

私たちの脳は、大きく3つの部門に分かれています。

人間脳・動物脳・爬虫類脳としておきましょう。

 

暗記をしたり、周りの状況に応じて感情をコントロールする人間脳。つまり、理性や記憶。

「好き・きらい」「〜したい・〜したくない」という感情や欲求を司る動物脳。
知りたい、という好奇心もこの部門です。

爬虫類脳は無意識のゾーンで
心臓を動かしたり、ホルモンを分泌したりといった、生きるための身体の司令塔。

 

この3つの部門が信号を送り合って私たちはヒトとして過ごしています。

 

例えをひとつ。
何らかのセミナーに出て話を聴く。
ノウハウを得るために本を読む。
これは人間脳に情報をインプットする行動です。

そこで気持ちが動いたり、よっしゃ!やるぞ!と意気込むのは
動物脳の部分にも影響があったということ。
ここまできてようやく
セミナーに参加した、本を読んだメリットが出てきます。

 

ただし、ひとときの意気込みは
数日で消えてしまう確率が非常に高い。
だから振り返ることが大事なわけです。

 

学校の試験を受けた後、大抵点数で評価をされるわけですが
そこで伸びる人の特徴は
「間違えたところやわからなかったところを復習する」習慣がある人です。
点数や順位はその時の結果に過ぎません。

1問でもいいから、次は間違えないようにすれば点数は上がる。
とってもシンプルです。
そこをしないのに「もっといい点数を取りたい!」と言っているだけでは
成績は伸びないと思いませんか?

 

自分の好きなことをもっと学びたい
資質を高めたい
収入を上げたい
と、なにかを学ぶのであれば
人間脳だけでなく、動物脳もいっぱいいっぱい活性させていきましょう。

好奇心は私たちの可能性をどんどん引き出してミラクルを起こすカギだから。

キーポイント


コラムをあなたのメールボックスに配達します

*メールアドレス
*お名前(姓・名)
都道府県

 - column