自分の可能性の見つけ方

      2015/10/03

自信 起業

自分の限界ってどのぐらいなんだろう?

実は言い訳をしていないだろうか?

できない理由を探すより
人目を気にせずがむしゃらになってみて
どんな結果が出るのかを見る方がわたしは好き。

そこで満足がいかなかったとしても、「これだけやったらこういう結果になるんだ」という、わたしの統計の一つになるから。

もしかしたら、自分でも気づいていない
秘められた可能性があるかもしれないでしょ?

わたしの場合、
それしか選択肢がなかったから、という消極的な理由で自宅サロン開業という道を選んだのだけど、今までの10年で得てきたものはとてつもなく大きい。

少し先の自分と、自分の仕事への投資だと思って、あちこちに出かけて行った。

このセミナーは集客に役に立つかも。
資格も技術もブラッシュアップが必要よね。
お茶会に行って、人脈を増やそう。

こんな感じで、起業したばかりの頃はお金はギリギリ回る程度だった。
ワークライフバランスってなんじゃい。というヒゲが生えそうな働きマンだった時期もある。
集客が思うようにいかず、息が止まりそうなぐらい焦っていた時期もある。

個人でサロンを運営するということは、言い訳がきかないもの。
開業した以上、社会人として恥ずかしくない自分でありたいというプライドと
協力してくれる家族や仲間がいたから、そこを乗り越えてくることができた。

乗り越えた先には、笑顔と自信という土台を身につけた自分がいた。

どんな生き方も、全部ステキだと、今は心から思う。
私は母であることがベースなので、その視点で物事を捉えることが多いのだけど、母で妻で経営者でもある人もステキだし、母&妻に専念している人もステキ。

笑顔と自信さえそこにあれば。

自信 起業

 - 起業って。